神戸市西区で矯正歯科なら、西神南ファミリー歯科へお越しください。

神戸市西区で歯医者をお探しなら、西神南ファミリー歯科

【診療時間】9:30~13:00 / 15:30~20:00
      土曜 9:30~17:00
火曜、日曜 9:30~13:00
【休診日】火曜午後、日曜午後、祝日
【所在地】西神南駅から徒歩5分

0789905454

矯正歯科

綺麗な口元で、身体も健康的に

「子供の時に歯並びを直したかった」「笑ったときに歯並びが気になる」など、歯並びに関しては多くの方がコンプレックスを抱えております。
歯並びが悪くなる原因は人それぞれ。幼いころの癖や、身体のバランス、もともとの体質など様々です。
当院では、歯並びに悩むすべての方に対応出来る矯正治療を整えております。
矯正治療によって歯並びを直すことの影響は審美的な側面に留まりません。しっかりと物を噛むことができるため、咀嚼力が向上し食事の栄養素をしっかり補給できます。
また、ブラッシングしやすくなるので、虫歯や歯周病の予防効果も期待できます。
逆に噛み合わせに問題があるままだと、身体の歪みへと繋がり、口呼吸や多くの不定愁訴(原因が特定できない症状)の原因になっていることが明らかになっています。
当院の矯正治療は専門医が担当しますのでご安心ください。お子さんからシニアまで幅広い世代の方々が矯正治療を受診しております。
歯並びに関するお悩みや疑問などございましたら、是非お気軽にご相談ください。

綺麗な口元で、身体も健康的に

成人矯正について

成人矯正について

矯正と聞くと、以前はお子さんが対象のことも多かったのですが、現在では成人になってからの矯正も増えています。
「歯並びがずっとコンプレックスだった」「矯正で見た目を良くしたい」「初対面の人に好印象を与えたい」など、当院に矯正治療に来られる患者さんの動機は多種多様です。
また、成人の矯正には虫歯や歯周病の改善、不定愁訴の解消など多くのメリットがあります。
様々な治療法と併用することも可能なので、是非ご相談ください。

成人矯正を勧める理由

メリット1虫歯や歯周病を防ぐ

歯並びが悪いことで、虫歯や歯周病のリスクが増大します。
噛み合わせを改善することで磨き残しがなくなり、虫歯や歯周病を初期段階で防ぐことが出来ます。

メリット2しっかり噛むことが出来る

食べ物をよく咀嚼できるようになるため、栄養素をしっかり取り入れられるようになります。
また、唾液の分泌も活発になるため消化吸収も良くなるでしょう。

メリット3発音がしっかり行えるようになる

出っ歯や受け口だと、人と喋っているときに舌ったらずな印象を与えてしまいます。
歯並びが改善すると、言葉がしっかり相手に伝わるなどコミュニケーションに関しても良いことがたくさんあります。

メリット4全身の健康にも影響を与える

歯並びが悪いと、顎の関節や筋肉も悪くなり、全身のバランスも悪化します。すると肩こりや頭痛、めまいなど様々な悪影響が。さらに近年、歯列不正が原因での口呼吸が、自律神経失調症などの不定愁訴を引き起こしているという研究結果も報告されています。

こんな歯並びの方は、矯正を検討しましょう

  • 上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    上顎前突(じょうがくぜんとつ)

    一般的に「出っ歯」と呼ばれる状態です。
    「口を閉じていても前歯が見える」「歯茎が目立つ」などのお悩みは、上の前歯が下の前歯よりも大きく出ていることで生じてきます。
    機能面においてはうまくしゃべれない、噛み切れないなど様々な問題があります。

  • 下顎前突(かがくぜんとつ)

    下顎前突(かがくぜんとつ)

    「受け口、しゃくれ、反対咬合」と呼ばれる状態です。
    噛んだ時に下にある歯が上顎にある歯よりも前に突き出てしまいます。
    上顎前突と同様、様々なリスクが生じます。

  • 開咬(かいこう)

    開咬(かいこう)

    奥歯で噛んでいても、前歯が上下に開いていて、空きが出来てしまっている状態です。
    奥歯でしか噛めないため、奥歯に非常に負荷がかかっている状態が続き、咬合性外傷を引き起こす可能性が高くなります。

  • 叢生(そうせい)

    叢生(そうせい)

    叢生とはガタガタの歯並びのことを言います。
    草が乱雑に生い茂っているように見えることから名づけられました。
    顎が小さいために、歯が乱雑に生えてしまうのです。八重歯も叢生の一種。
    重なっている歯が多いため、虫歯や歯周病のリスクが高くなります。

  • 交叉咬合(こうさこうごう)

    交叉咬合(こうさこうごう)

    交差咬合とは、上下の歯のかみ合わせが横にずれている状態を言います。
    頬杖やうつ伏せなどが原因で起こる可能性が高いと言われています。

  • 空隙歯列(くうげきしれつ)

    空隙歯列(くうげきしれつ)

    歯間に隙間がある状態です。
    「すきっ歯」とも呼ばれることがあります。
    顎が大きく、歯が小さいときに起こると言われています。

当院の成人矯正

アソアライナー

アソアライナー

当院では、成人矯正をする際に「アソアライナー」を導入しております。
着脱式のマウスピースタイプで、透明で薄く製作できる矯正治療器です。
来院のたびに、動かしたい方向に調整したマウスピースを作成し、徐々に矯正していくことを目指していきます。
最大の特徴は歯の移動をコンピューターによってシミュレーションすることです。データに基づきオーダーメイドで製作しますので、正確な治療が期待できます。

アソアライナーのメリット

メリット1目立たない

透明で薄いマウスピースタイプなので周囲から矯正装置と気づかれません。
 

メリット2取り外しができる

食事や歯磨き、どうしても外したいときは簡単に取り外せます。そのため口腔内の清潔を維持できます。

メリット3違和感が少ない

従来の金属ワイヤーと異なり装着時に違和感が少ないです。

メリット4矯正費用が安い

他の矯正装置と比べるとリーズナブルな価格で提供できます。

メリット5痛みが少ない

3種類の厚みが異なるマウスピースを交互に使用することで、痛みが出にくい矯正装置となっています。

メリット6矯正中の虫歯治療が可能

アソアライナーは、来院のたびに取り外しますので虫歯治療もできます。
 

メリット7金属アレルギーの方でも大丈夫

金属が含まれていませんので、金属アレルギーの方でも安心してお使いいただけます。

メリット8同時にホワイトニングができる

マウスピースタイプなので、歯を白く美しくするホワイトニングも同時に行えます。

アソアライナーの留意点

  • 対応症例が限られる

アソアライナーが使用できるのは主に前歯の歯列矯正やお口のスペースを空けるときです。
複雑な歯列矯正、奥歯の噛み合わせの矯正には適しません。

  • 患者さんの努力が大切

装置をつけて歯を移動するので、時間のある時は常につけていただく必要があります。
最低でも一日の3分の2の時間(16時間以上)つけないと治療効果が現れません、

  • 小児矯正は対象外

第一大臼歯まで生え揃っていないお子さんには適用対象外です。

  • 歯型を毎回とる手間がある

アソアライナーは来院の度(一ヶ月毎)に歯型を取る必要があります。

アソアライナーによる矯正の流れ

Step1検査

問診、口腔内の写真撮影、レントゲン撮影を行い患者さんの口腔内の状態を検査します。
また、このとき虫歯や歯周病があれば、先にそちらを優先して治療を行っていきます。

Step2診断

検査結果と患者さんのご要望をもとに治療計画を作成。治療内容や費用を詳細にお伝えいたします。わからないことがあったら何でもご質問ください。

Step3作成

治療計画に納得していただけたら、治療に移っていきます。
歯型を採取して、専用のコンピューターソフトでシミュレーション。目的とする歯並びを目指し、アソアライナーを作製します。

Step4矯正開始

1日16時間以上の装着が目安です。
ひと月に一回来院していただき、治療経過を観察し、新たなアソアライナーを作製していきます。

Step5保定期間

歯並びが改善されたと思っても安心するにはまだ早いです。
歯並びが元に戻らないように保定装置をつけます。定期的に来院していただき、経過観察を行います。

Step6定期検診

治療完了後も、定期的な歯科健診を行うことで、しっかりと噛み合わせがうまくいっているかどうかをチェックできます。

小児矯正について

小児矯正について

子供の頃から矯正を行うと、歯を抜かずに歯並びを整えることが出来ます。
その理由は子供の顎は柔らかく、様々な方向への歯列移動が大人に比べると比較的簡単だからです。
また、顎の成長を見ながら適宜、治療計画を変更しながら矯正を行えるので、お子さんの矯正治療を考えているご両親は、是非早めにご相談ください。

小児矯正を勧める理由

メリット1咬み合わせの改善ができる

歯並びが整うと、物をうまく噛むことが出来ます。
すると、胃や腸への負担が改善されます。
 

メリット2虫歯や歯周病になるリスクを軽減

歯並びが悪化していると歯と歯の隙間に食べ滓が詰まりますので、虫歯や歯周病になりやすくなります。
咬み合わせが改善すると歯磨きがしやすくなります。

メリット3大人になってからの手術の可能性が減る

大人になると顎の成長が止まっていますので、矯正するためには抜歯などをする必要が出てきます。
小児のうちから、矯正を行っておくと手術をする必要がなくなります。
 

メリット4コンプレックスの解消

歯並びが原因で大きく口を開けて笑えないなどのコンプレックスが解消されます。
顔の形もスリムになりますので、活き活きと日常生活を送れるようになります。

歯並びに影響を与える習癖

歯並びを悪くする癖はいくつかあります。お子さんが以下のような癖を持っていたら要注意です。
これらの癖でお悩みの方は是非ご相談ください。的確なアドバイスを行っていきます。

指しゃぶりが続く

指しゃべりは赤ちゃんの癖ですが、ある程度成長しても癖が治らない場合は注意が必要です。
出っ歯になったり、上下の歯が咬み合わなくなったりする原因となります。
解決策としては、指先にテーピングを巻くなど様々な方法があります。
 
 

口呼吸気味である

あなたのお子さんは、日常生活で口を「ぽかん」と開けていることはありませんか?
アレルギー性鼻炎、花粉症などが原因で鼻呼吸しづらく、口呼吸が癖になってしまうことがあります。
口呼吸は、顎の発育に悪い影響を与えるだけに留まらず、様々な疾患の原因ともなりますので早目の対処が必要です。

常に姿勢が悪い

スマホやゲームが原因での猫背や、普段から椅子に座る姿勢が悪いなどが続くと、顎の成長発育に悪影響を及ぼします。
姿勢は大人になってからも非常に大切です。お子さんの普段の姿勢をしっかり確認するようにしましょう。

舌を出す癖

「舌を上下の歯の間に挟む」「舌を出しながら食べる」このような習慣が癖になってしまうと、上下の歯がうまく閉じなくなるなどの悪影響を及ぼします。
 

小児矯正のタイミング

小児矯正治療は、大きく「第一期治療」「第二期治療」に分類されます。
第一期治療は永久歯が生え揃う前の乳歯がまだある状態。第二期治療は第一大臼歯が永久歯に生え揃った段階です。
このようにまとめると、6歳からの第二期治療から矯正をスタートしようと言う親御さんがおられます。
しかし、その前の第一期治療も非常に大切です。この時期に出来ることはたくさんあります。

1歳

乳歯列期
乳歯のみの時期です

次へ

次へ

6歳

第1期治療

混合歯列期
乳歯と永久歯が混在している時期です

次へ

次へ

12歳

第2期治療

永久歯歯列期
第1大臼歯が永久歯に生えかわってから成人までの時期です

歯の生えるスペースを作ります ~第1期治療

まず顎の健全な成長を促して、永久歯がしっかりと生えるスペースを確保する治療を行っていきます。
また、歯列に悪影響を及ぼす癖を止めさせたり、顎を広げる装置を使ったりと大切な時期です。

装置を使って本格的に歯を動かします ~第2期治療

永久歯が生え揃った止まった段階で、いよいよ本格的な矯正装置を用いて歯を動かしていきます。
顎の成長を利用しながら矯正を行えるので、歯を抜くことなく安全に治療できます。

小児矯正の種類

プレオルソ

プレオルソ

子供たちが矯正で嫌がることと言えば、見た目の悪さや痛みの強さが挙げられます。
しかし、6歳から10歳の骨の柔らかい時期であれば「プレオルソ」と呼ばれる最新の矯正器具で大きな効果が挙げられることが期待できます。
これは、歯を動かすのではなく、歯の周りの筋肉を刺激することでバランスの良い歯並びを目指す装置です。歯の筋肉を鍛えることで歯は自然と理想の位置に整っていきます。

プレオルソのメリット

メリット1痛みなく装着できる

固定式のブラケットと異なり、違和感や痛みがありません。
装着時間も家にいるときか就寝時のみ。着脱タイプなのでお口の中を清潔に保てます。

メリット2体に安全な素材

人体に有害な素材を使用していないので安全にお使いいただけます。
 
 

メリット3ブラケットのような大掛かりな装置を必要としない

何度も調整する必要がなく、装着時間も短いため非常に楽です。
 

メリット4費用が安く済む

矯正治療を始める際に多くの患者さんが悩む料金面の問題。
プレオルソは固定式のものよりリーズナブルな価格で始められます。

メリット5コンプレックスを解消できる

歯並びがキレイになると、笑顔がステキになります。

メリット6簡単に装着できる

着脱式なので、簡単に取り外せます。外につけていく必要はありません。

メリット7虫歯や歯周病になりにくい

歯並びを改善すると、磨き残しがなくなり虫歯や歯周病になりにくいです。

メリット8精神面にも良い影響がある

徐々に歯並びが改善してくるという実感は喜びに変わります。

ページトップへ