神戸市西区でセレックなら、西神南ファミリー歯科へお越しください。

神戸市西区で歯医者をお探しなら、西神南ファミリー歯科

【診療時間】9:30~13:00 / 15:30~20:00
      土曜 9:30~17:00
火曜、日曜 9:30~13:00
【休診日】火曜午後、日曜午後、祝日
【所在地】西神南駅から徒歩5分

0789905454

セレック

キレイな自分の歯を手に入れるセレック治療

セレック(CEREC)とは、ceramic reonstructionの略語で、セラミック修復を意味します。
従来のように歯形を取ってから、歯科技工所へ依頼するという流れではなく、コンピューターでセラミックス素材の被せ物や詰め物を製作することが出来ます。
歯形をとる必要がなくコンピューターが設計・製作してくれるので、圧倒的にスピーディー。わずかな時間で治療可能です。
一つの被せものを作るのに約60分、通院も一回だけで済みます。

キレイな自分の歯を手に入れるセレック治療

セレック治療の特徴

ポイント1セレック治療は1日で終わる

治療時間は約60分。通院も一回で済むので空いた隙間時間に、被せ物や詰め物を製作できます。

ポイント2優れた品質

コンピューターで図面を作り出し、技工物を製作していくセレックは非常に精密です。
一定のクオリティを維持できるので、手で作るのに比べて品質にばらつきがありません。

ポイント3多くの患者さんに対応!

セレック治療に使う素材は、陶器(セラミック)を使用しますので、金属アレルギーの患者さんも問題なく使用できます。
透明感や質感も天然歯に近く、長年使用しても変色などが起きづらいです。

セレック治療で出来ること

インレー

虫歯などの治療後に入れる詰め物をインレーと呼びます。
食事をしているときや、人前で笑ったときにセラミックだと詰め物を目立たなくしてくれます。

クラウン(前歯)

変色しにくいセラミックを前歯に使用することで、美しい見た目を維持できます。
 

クラウン(奥歯)

奥歯は噛み合わせ時に一番負荷がかかる部分です。
そのため、耐久性や強度が求められるセラミックスは最適です。
 

ラミネートベニア

歯の表面を少量だけ削って、薄いセラミックを張り付けるという「つけ爪」に近い手法です。
ホワイトニングで歯を白くするのが難しいときに活躍します。

セレックのメリット・デメリット

歯科技工所を通さず全てを院内で行えるため、製作・修復のスピードが格段に早まりました。
以前は、詰め物や被せ物などの技工物は技工所ごとに品質にばらつきがありました。
しかし、セレック治療はコンピューター制御なので一定のクオリティを維持しつつ、耐久性に優れた技工物を製作することが出来ます。

逆にデメリットとしては、詰め物や被せ物の品質は均一化されているので、色や質感のバリエーションがあまりないということが挙げられます。
そのため、当院では製作したインレーやクラウンに加工を行い、患者さんの歯の色合いに近づける作業を追加で行っていきます。
より精度の高い技工物をお求めの方は、セレックを利用せずに、長年付き合いのある歯科技工所に依頼できますのでご相談ください。

セレック治療が人気の秘密

治療が早い

患者さんの「現在」のお口の状態をもとに素早く正確にセラミックを削り出していきます。
通院は一回、治療したその日に詰め物や被せ物を作れるので忙しい方に好評です。
 

セラミックスブロック

修復物に使うセラミックは全て基準をクリアした高品質素材。
そのため、詰め物や被せ物として利用した場合でも、長期間の使用に耐えられます。
また、セラミックは天然の歯に近く、噛み合う歯にトラブルを起こしにくいメリットがあります。

セレックで出来る治療

クラウン、インレー、ラミネートベニアなど様々な項目に対応しております。
歯科技工所を通さず、院内ですべてのプロセスが完結するため通常より、お安い値段で提供できます。
是非ご相談ください。
 
 

美しい歯

質感、透明感、固さが限りなく天然の歯に近いセラミック。
さらに、プラークを寄せにくい特徴があり、詰め物や被せ物が原因での虫歯や歯周病を減らせます。
また、セレックによって設計図通りに製作できますので、患者さんごとにピッタリの色調を実現。
耐久性にも優れ、白く美しい歯が長く持続する点も好評をいただいております。

セレック治療の流れ

Step1カウンセリング

まずは、カウンセリングを行い、患者さんのご要望や理想を丁寧にお聞きし、セレック治療が適しているかどうかの判断をします。

Step2古い詰め物やかぶせ物の除去

治療計画を作成し、患者さんに納得していただいた後に治療へと移ります。
まずは、歯に詰め物や被せ物があった場合は、それを除去していきます。

Step3光学印象(3D画像撮影)

光学カメラで口腔内を撮影し、それをコンピューターに取り込みます。
すると、お口の立体図が3Dで性格に再現されるので型取りを行う手間が省けます。
型取りで待つこともなくなり、患者さんにとっては非常に楽です。

Step4設計(デザイン)

3D画面上で修復物を設計していきます。
このとき、様々なバリエーションのあるセラミックから一番患者さんの歯に近い色合いを選択。
噛み合わせや歯の形などを微調整し、最終的なデザインを決定します。

Step5削りだし(ミリング)

データをもとに、セレック専用のマシンが修復物を削りだしていきます。

Step6試適・咬合調整

製作された修復物を患者さんのお口の中に当てはめ、噛み合わせの状態を検査。
適宜、微調整を行っていきます。

Step7接着・研磨

問題がなければ専用のグルー(接着剤)で修復物を接着して固定化。
磨き上げを行い、綺麗に仕上げます。

Step8完成・装着

磨き上げた修復物を口腔内にはめこみ、治療完了です。

従来の治療法とセレック治療の異なる点

セラミック素材で詰め物や被せ物を製作する場合、従来は診断を行ってから、一週間以上かかってしまいました。
その理由として、修復物は一つ一つが技工士さんによる手作りのこともあり、どうしても完成までに時間を要するからです。
また、完全オーダーメイドのため費用も高額でした。その点を改善したのがセレック治療です。
院内ですべての工程が完了するため、治療時間が約60分と圧倒的にスピーディー。
忙しい患者さんでも隙間時間にお越しいただけます。
また、料金も従来に比べて非常にリーズナブルになりました。

ページトップへ